伊達忠一参議院議長 (2016/10/31)



本日、代議士は、裁判官訴追委員長として、伊達忠一参議院議長を訪問し、ご挨拶しました。その後、最高裁判所を訪問し、寺田逸郎最高裁判所長官にご挨拶しました。
現在、代議士は、裁判官訴追委員長、自民党憲法改正推進本部長、自民党知的財産戦略調査会など多くの重要な役職をいただいておりますが、一つ一つのお仕事を大切にし、日々取り組んでおります。

【事務所スタッフ】

ブログ

保岡興治中郡小校区語る会 (2016/10/29)

宝来良治県議と合同で中郡小校区語る会を開催しました。
地元の方々が多数出席し質疑応答の時間にもたくさんの質問を頂きました。
時間の関係上質問出来なかった方は申し訳ありませんでした。
皆様の声を国政に反映できるように今後とも頑張ります。
お忙しい時間帯に出席して頂いた皆様、誠に有難うございました。
IMG_5077.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

森博幸後援会事務所開き(井上順夫後援会長) (2016/10/29)

4期目を目指す森博幸市長の事務所開きに出席しました。
保岡代議士が挨拶で「11月の市長選挙の必勝を期して今日お集まりの皆様と力を合わせて頑張りましょう」と話しました。
IMG_5063.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

保柴会グランドゴルフ大会(保岡興治西陵後援会 西山十九男会長) (2016/10/29)

保岡興治西陵後援会と柴立鉄彦県議会議員西陵後援会と合同で毎年恒例のグランドゴルフ大会を開催しました。
今回は約120名の地域の方々が参加し中元かつあき市議も一緒にプレーを楽しみました。
参加された皆様と和気あいあいと楽しいひと時を過ごしました。
参加頂きました皆様有難うございました。
12月3日は西陵地区で語る会も開催する予定です。
IMG_5074.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

森市長の誕生を祝う会(日高史雄鹿児島観光懇話会 イレブン会会長) (2016/10/28)

鹿児島観光懇話会・イレブン会共催で森市長の誕生を祝う会が開催され保岡代議士が出席しました。
たくさんの方々がお祝いに駆けつけ11月の市長選挙の必勝を期して頑張ることを誓い合いました。
IMG_5034.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

経済構造改革に関する特命委員会 (2016/10/28)



本日保岡代議士は、経済構造改革に関する特命委員会に出席致しました。
「第4次産業革命と生活利便の向上」をテーマに、最近のAI(人工知能)の動向や農業分野での活用例についてのヒアリングが行われました。
AIは、人の輸送手段としての自動運転だけでなく、医療分野での活用や農業機械による播種・収穫などの自動化にも利用され始め、人材確保に苦労をされている分野での利活用が期待されています。
我が国の農業を始めとした様々な分野における生産性の向上を下支えする技術を広く社会に浸透させ、経済成長の基盤整備を進めてまいります。


【事務所スタッフ】

ブログ

有床診療所の活性化を目指す議員連盟 (2016/10/27)



本日保岡代議士は、有床診療所の活性化を目指す議員連盟 総会に出席致しました。
全国有床診療所連絡協議会よりヒアリングと、厚生労働省による地域医療構想についての説明が行われました。

今回は夜勤看護職員の不足や宿直・当直勤務のあり方について活発な意見交換がなされました。
人口減少社会にある我が国において負担がかかりがちな地域医療を支えている皆様のお力になれる様、尽力して参ります。


【事務所スタッフ】

ブログ

裁判官訴追委員会 (2016/10/26)



本日、裁判官訴追委員会が開催され、代議士が、裁判官訴追委員長に選任されました。
裁判官訴追委員会は、弾劾裁判制度の中で、罷免の訴追をすることを権能とする機関です。
代議士としても、訴追委員長の職務の重みをしっかりと受け止め、会の運営が円滑に進むよう努力する所存です。

【事務所スタッフ】

ブログ

街の酒屋さんを守る国会議員の会 (2016/10/25)



本日保岡代議士は街の酒屋さんを守る国会議員の会の出席致しました。
国税庁・公正取引委員会から「酒類に関する公正な取引の基準」についての説明がありました。
酒類の過度な価格競争によって厳しい経営環境におかれた街の酒屋さんが、
その地域の特色ある味と伝統を護り続けていける様、尽力して参ります。


【事務所スタッフ】

ブログ

「柔軟な権利制限規定」についての声明文 (2016/10/24)



本日は、一般社団法人日本映画製作者連盟の岡田裕介会長、一般社団法人日本音楽事業者協会の堀義貴会長、一般社団法人日本映画製作者連盟の華頂尚隆事務局長がお越しになり、「柔軟な権利制限規定」についての声明文を代議士に説明されました。声明文は、上記の2団体に加え、一般社団法人日本雑誌協会、一般社団法人日本書籍出版協会、一般社団法人日本新聞協会、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人日本レコード協会がそれぞれ機関決定されたものとのことです。
代議士も党の知的財産戦略調査会として、著作権法をどう改正するかについて日々取り組んでいますが、いただいた声明文もしっかりと念頭に置いて進めていく所存です。

【事務所スタッフ】

ブログ

前のページへ»

▲このページのトップへ戻る