税制調査会 小委員会 (2015/11/30)

税調小委(マルバツ審議)

本日は午後から4時間にわたり税制調査会小委員会が開催されました。今回の議題は「マルバツ審議」です。
「マルバツ審議」とは、一般的にはなかなか耳慣れない言葉かもしれません。

まず、各部会から挙げられた要望に対して、まずは財務省・総務省が可否を検討して、○×△などに振り分けを行います。
そして、振り分け結果を議員もいっしょに確認しながら、本当にその検討結果でよいのかと議論を行うのが「マルバツ審議」です。
ですから、膨大な数の検討項目が書き出された資料を一気に確認していくことになります。

今日も何時間も会議室に詰めて、集中的に議論を行いました。
明日から12月。年末に向けて税調も山場に差し掛かっています。

【事務所スタッフ】

ブログ

国立公園レンジャー振興議員連盟の設立総会(石原伸晃代表世話人) (2015/11/27)



本日,午後1時から自民党本部701号室で国立公園レンジャー振興議員連盟の設立総会が開催され、代表世話人の石原伸晃先生が会長に就任されました。
本日は、環境問題に造詣が深いC.W.ニコルさんの特別講話があり、エチオピアで自然遺産登録に尽力、エチオピアのエコツーリズムをコーヒーに次ぐ産業にレンジャー20名で育てた実績を話され、日本は流氷からサンゴまであり四季折々の自然を堪能する世界に誇れる国なのにレンジャー数があまりにも少ない事を話されました。
環境省の報告は,日本では1カ所の国立公園あたりのレンジャー、アクティブ・レンジャーを含んで約11名、アメリカでは約372名と、日本の34倍と格段の差が報告されました。
議員連盟ではこれらの報告を受け、レンジャーの増員それらに伴う各種施設等の充実等を決議しました。

【事務所スタッフ】

ブログ

塩崎厚労大臣・馳文科大臣に「医療的ケア児の支援の在り方を考えるWT」提言提出 (2015/11/26)

塩崎厚労大臣に医療的ケア児の提言 馳文科大臣に医療的ケア児の提言

本日、自民党の障害児者問題調査会のなかの、
医療的ケア児の支援の在り方を考えるワーキングチーム(座長=野田聖子様)にて取りまとめた提言を
野田聖子座長、木村弥生事務局次長、宮川典子先生とともに、
塩崎厚生労働大臣、馳文部科学大臣にお渡しして参りました。

近年、周産期に問題を生じたり、低体重等で出産した場合であっても、
医学のめざましい進歩を背景に適切な医療処置を行い、救うことのできる命が増えてきています。

医療の進歩により発現したのは、生きるために日常的に医療的ケアが必要な子どもたちですが、
かつて想定されていなかった子どもたちを受け入れる仕組みが、今はまだ社会に整備されていない状況です。
これは一億総活躍の理念にも通じる大切なテーマだと考えています。

塩崎大臣・馳大臣とも、本件の重要性をよくご理解、ご認識くださったと思います。
解決すべき課題は沢山ありますが、まずは問題を共有できたこと、この意義は大変大きいと考えております。

【事務所スタッフ】

ブログ

石井大臣に国道10号線の整備推進の要望を (2015/11/25)

石井大臣に国道10号線の整備推進の要望

鹿児島県議会の国道10号整備促進議員連盟の方々が上京され、石井啓一国土交通大臣に国道10号の整備推進についての要望を行いました。団長の永田憲太郎県議会議員を初め、外薗勝蔵議員、酒匂卓郎議員が参加し、また、公明党からは成尾信春議員も参加しました。
国会議員では、保岡代議士と小里泰弘代議士が参加しました。
国道10号線は磯地区で、九州で最も酷い状況と言わせる程、慢性的な大渋滞を引き起こしています。ところが、この10号は、鹿児島の経済の軸である鹿児島市、国分、隼人を結ぶ重要な道路です。また、磯地区には、本年に世界遺産に登録された遺産群があり、観光客も増え、益々渋滞が懸念されます。単なる渋滞解消だけでなく、鹿児島の経済、観光、また、防災の観点からも早期整備が必須です。
普通は大臣への直接の陳情はなかなか実現しません。これも保岡代議士が調整した成果と思います。
【事務所スタッフ】

ブログ

てんかん治療薬ブコラムの早期承認の要望活動 (2015/11/24)

てんかん治療薬ブコラムの早期承認の要望活動1てんかん治療薬ブコラムの早期承認の要望活動2

てんかん治療薬ブコラムの早期承認について、ドラベ症候群患者家族会の方々と厚生労働省医薬・生活衛生局の中垣英明局長にお話しをしました。
ドラベ症候群とは、乳幼児期に発症する治療が難しいてんかんのことです。その患者家族会の方々が集めた約17万人分の署名も厚生労働省に提出しました。
てんかんの発作が繰り返されたり、長く続くと重篤な後遺症を起こす可能性があります。病院に救急搬送する場合にも地域の状況や交通渋滞など時間がかかる場合もあり、親などが投与できるような薬(海外では既に承認されてい薬)を日本で承認して欲しいとの要望です。
日本人に対する有効性や安全性について確認する手続きが必要であり、承認までは一定程度の時間もかかります。保岡代議士は、適正・合理的な手続きを踏むことを前提に、心配している患者家族の為にも、できるだけ早い時期に承認されるよう要請をしました。
また、今回の要望とは別件ですが、学校でのてんかん発作時に座薬の挿入ができるようにして欲しいとの要望も受けました。これに対しても、厚生労働省と文部科学省との調整をし、結論を出す方向性を作りました。近々その使用についてのガイドラインが文部科学省から出される予定です。患者家族の方々が少しでも安心していただければ何よりです。
【事務所スタッフ】

ブログ

自民党鹿児島県連執行部役員・選対常任委員会合同会議 (2015/11/23)

自民党鹿児島県連執行部役員・選対常任委員会合同会議に保岡代議士が出席しました。来年4月の鹿児島市議会議員選挙公認候補者25名(現職23名、元職1名、新人1名)を決定しました。その後、11月7日開催致しました2015かごしま政経セミナーの報告などがありました。
IMG_2458.jpg   IMG_2457.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

第4回保柴杯西陵地区グランドゴルフ大会(保岡興治西陵後援会 西山十九男会長) (2015/11/22)

保岡代議士と柴立鉄彦県議の西陵地区の後援会合同でのグランドゴルフ大会を開催しました。沢山の方々が参加され、天気を心配しましたが大会終了までどうにか天気が持ちほっと致しました。
皆さんグランドゴルフをしながら和気あいあい楽しく競技をしました。
IMG_2436.jpg   IMG_2439.jpg
IMG_2453.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

清水小校区保岡興治と語る会 (2015/11/21)

恒例の語る会を清水小校区で地元の古江尚子市議会議員、桑鶴勉県議会議員の協力を頂き開催致しました。地元の方々が多数参加していただき質疑応答の時間にも地元の問題や国政に関わることなど沢山の質問を頂きました。最初から最後まで皆様真剣な眼差しで話を聞いて頂いて政治に対する関心の高さを実感しました。夕方のお忙しい時間に出席頂き有難うございました。
IMG_2431.jpg
【事務所スタッフ】

ブログ

桑栄会ゴルフコンペ及び懇親会(正村幸雄会長) (2015/11/20)

桑鶴勉県議会議員の後援会の桑栄会に空港から直接駆けつけて懇親会に出席しました。保岡代議士はゴルフコンペには参加できなかったのですが桑栄会の皆様が楽しそうに表彰式を行っていました。保岡代議士も皆様と和気あいあいと懇談して楽しい時間を過ごしました。
IMG_2412.jpg

【事務所スタッフ】

ブログ

税制調査会 総会 (2015/11/20)

DSC_0962.jpg

本日午後、党の税制調査会総会(会長=宮沢洋一様)が開かれ、
冒頭、稲田政調会長、麻生財務大臣、高市総務大臣が出席されました。

麻生大臣は、
企業の経常利益は最高、税収は12兆円増加であると、これまでの政策成果は確かに上がっていることを振り返りながら、
今回掲げたGDP600兆円という目標に触れ、引き続き経済・財政を改善していくことを確認した上で、
そのために税制の果たす影響は大変に大きいことを鑑み、しっかりとした議論を行ってほしいとお話されました。

PB(プライマリーバランス)黒字化に話が及んだ際には、
「プライベートブランドと間違える人も多いけれど」と冗談を飛ばされるなど久しぶりに麻生節が炸裂しました。

今回の議事は、各省から経済・金融情勢や財政状況、税収動向の報告で、具体的な審議は来週からとなります。
代議士は党税制調査会の副会長を務めております。
限られた時間ではありますが、経済再生・財政再建に寄与する税制改正になるようしっかり議論してまいります。

【事務所スタッフ】

ブログ

前のページへ»

▲このページのトップへ戻る