スポンサーサイト (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ

肝炎対策推進議員連盟が発足 (2015/06/30)

IMG_9122.jpg
自由民主党と公明党の議員で組織する肝炎対策推進議員連盟が、今日発会しました。
俳優の杉良太郎さん(肝炎対策国民運動特別参与)や肝炎患者団体も参加しての設立総会でした。
裏話をすると、この議連を裏で実現させたのは保岡代議士だと思います。
肝炎患者が病状が進み、肝がん・肝硬変になった時の国の新たな支援策は、厚生労働省だけで解決できることではありません。
そこで、保岡代議士が主催した食事会に、当時の田村厚労大臣や桝谷厚労副大臣、尾辻元厚労大臣、杉良太郎さん等に集まってもらい、議員連盟の設立を相談したのがきっかけでした。
がんで苦しむ多くの患者さんがいます。しかし、ウイルス性の肝炎から進行した肝がん・肝硬変には特別の問題があります。それは、その感染に国の責任がある患者さんがいるからです。国の責任が証明できない患者さんにも、その中に国の責任を否定できない患者さんがいる以上、特別に救済を考えていく必要があると思います。
【事務所スタッフ】

スポンサーサイト

ブログ

全国サービサー協会 (2015/06/29)

全国サービサー協会

自民党「事業再生・サービサー振興推進議員連盟」会長の保岡興治代議士は、本日(29日)、(一般社団法人)「全国サービサー協会」総会後に開催された懇親会に駆けつけ、①「事業再生関連債権の追加」等の「取扱債権の拡大」、②「営業許可の取り消し」等の「サービサーに対する監督の強化」を内容とする“サービサー法の改正”に全力を尽くす意向を表明しました。
不良債権の処理に端を発し、「議員立法」により平成11年2月に創設された「サービサー」会社は、現在124社で、取扱債権額が381兆5千億円、回収額が43兆5千億円となっています。

【事務所スタッフ】

ブログ

6月27日の鹿児島での活動報告 (2015/06/27)

地域福祉交流イベントトムソーヤバザーに参加しました。物品販売やダンス・MOA芸術セラピー・講演などバザー会場で色々な催しものをしていました。バザーに来られている皆様とふれあいました。
その後、円ブリオ鹿児島第8回いのちの講演会に出席しました。水谷もりひとさんの講演がありました。円ブリオとはお腹の中の小さな命とお母さんを善意の1円募金でサポートするNPO法人です。
夜は、永田行博先生瑞宝重光章叙勲祝賀会に出席しました。永田行博先生は保岡代議士の後援会連合会会長を引き受けて頂いております。永田行博先生は鹿児島大学医学部教授を経て医学部長に就任し鹿児島大学医学部の発展に貢献しその後、鹿児島大学長になりました。教育研究功労が認められ瑞宝重光章を受けられました。保岡代議士も後援会長の受賞を心から喜んでいました。
【事務所スタッフ】
IMG_1379.jpg  IMG_1376.jpg

ブログ

中小企業事業者・関連団体との意見交換会~中小企業における弁護士活用場面in鹿児島~(大脇通孝会長・大岩本将司業務改革委員長) (2015/06/26)

中小事業者・関連団体との意見交換会に保岡代議士が出席しました。中小企業に対する弁護士による支援活動の充実と活性化を図るために開催された会です。弁護士会と中小企業との連携を図る契機になりとても有意義な会でした。
【事務所スタッフ】
IMG_1369.jpg

ブログ

選挙制度調査会 (2015/06/26)



本日、自民党において、選挙制度調査会(逢沢一郎会長)が開催され、「有権者の投票環境整備の推進について(案)」について議論をしました。この提言には、投票率向上のための制度面・予算面の対策が記載されています。

代議士も、「私は地元で熱心に国政報告会をやっているが、その際のアンケートを見ると、若い世代は立て看板の告知を見てきてくれるケースが結構ある。しかしながら、立て看板については公職選挙法で硬直的な規制がなされており、そのため効果的な告知ができない。若者の投票率を上げるためには、こうした問題を解決していく必要があるし、行政側ではなく政治家から問題提起をしていく必要がある。」と強く訴えました。投票率向上のためには、若者が政治に対してもっと関心を持つことが重要です。もっともっとこの問題について議論を深めていく必要があると思いました。

【事務所スタッフ】

ブログ

十島村議会議員代表が来室(議長有川和則外2名) (2015/06/25)

border="0"

十島村の平成28年度要望のため、有川和則議長、永田和彦議員、前田功一議員3名が東京の保岡事務所にこられました。
要望の中の離島における介護・福祉の問題については、公的施設だけでなく民間施設も含め、受けるサポートに都市部と比較して大きな格差があることの説明を受けました。保岡代議士は、新しいサポート体制を作り上げ問題解決を図るべく、県と一体となって知恵を出し問題解決のために努力することを約束しました。
今日の保岡代議士のスケジュールが分刻みの過密スケジュールであったため、その他の要望ついては、後日、鹿児島に戻ったときに村長も交えて話し合うことにしました。

【事務所スタッフ】

ブログ

「日本不動産鑑定士政治連盟」主催の講演会で挨拶 (2015/06/24)



「不動産鑑定士制度推進議員連盟」(略称:「鑑定議連」)会長の保岡興治代議士は、本日(24日)開催された「日本不動産鑑定士政治連盟」主催の講演会で、来賓としてご挨拶しました。
特に、「鑑定議連」の総会で決議した「地価公示及び不動産証券化市場の発展に資する施策の充実」について、『地価公示は、不動産市場における重要な制度インフラであり、「2万6千地点」の予算獲得を目指し、昨年に続き、全力をあげる』と、強い決意を表明しました。
更に、「鑑定議連」会長として強く要望した「経済財政運営と改革の基本方針2015」(「骨太の方針」案)の「都市再生」等の項目の中には、「地籍整備の推進や“地価公示の充実”、不動産証券化手法の活用により、土地取引、民間開発事業の円滑な推進を図る。」と、明記されました。

ブログ

有村治子大臣への申し入れ (2015/06/23)



本日、代議士は、山下貴司先生及び盛山正仁先生とともに、有村治子大臣を訪問し、「司法・法務行政の体制整備を求める申入書」をお渡ししました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの際に、我が国は「世界一安全な国」を実現し、経済基盤を整備し、観光立国を実現することが重要な課題となっております。こうした課題を実現するためには、司法法務に関する経費の確保が不可欠であり、平成28年度予算の概算要求基準等の策定にあたって、法務省が職務を遂行するために必要な予算を確保するために特別な配慮を求めたのが今回の申入書となります。

有村大臣もこの申入書についてしっかりと理解を示されておりました。

【事務所スタッフ】

ブログ

6月21日の鹿児島での活動報告 (2015/06/21)

14日に九州南部で雨が降り続き、南新町でアパートの裏山が崩落し、一時3世帯5人がアパートに閉じ込められた現場を柴立鉄彦県議・中島蔵人市議会議員と行政の説明を受けながら視察をしました。国・県・市で協力して対応をしていますと地元の方々とお話しました。
IMG_1205.jpg

なおこの会総会(鮫島俊夫会長)終了後、古江なおこ市議会議員の後援会長を努めていた岸尾貞一さんを偲ぶ会に出席しました。岸尾さんの今までの功績を称え献花しました。故人の思い出話を皆様と致しました。
IMG_1277.jpg  IMG_1337.jpg
【事務所スタッフ】

ブログ

6月20日の鹿児島での活動報告 (2015/06/20)

自民党鹿児島県第一選挙区支部幹事会
保岡代議士が支部長を努める第一選挙区支部の幹事会を開催致しました。役員改選、今後の活動など話し合いました。
IMG_1060.jpg

二階俊博自民党総務会長を囲む昼食会(森山ひろし県連会長)
伊藤知事・森市長・池田医師連盟委員長・久保農政連委員長・岩崎商連政治連盟会長、川畑建設業会長からの要望に対して二階総務会長から丁寧な応答をして頂きました。
IMG_1065.jpg

第61回自民党県連定期大会(森山ひろし県連会長)
役員改選・選挙対策・かごんま造士館の卒塾証授与・二階総務会長の記念講演がありました。
IMG_1071.jpg IMG_1076.jpg

農業農村整備の着実な推進に向けた懇話会(県土地改良事業団体連合会 永吉弘行会長)
全国水土里ネットの会長に就任された二階俊博総務会長(全国土改連会長)をお招きして今後の農業農村整備の推進に不可欠な対策について関係者による懇話会でした。
IMG_1079.jpg

伊敷台小校区保岡興治と語る会
地元の井上剛市議会議員をお招きして伊敷台小校区保岡興治と語る会を開催しました。井上剛市議の挨拶・保岡代議士の国政報告そのあと質疑応答の時間に地元の皆様から質問を頂きとても有意義な時間でした。参加頂きました皆様本当に有難うございました。
IMG_1088.jpg

鹿児島県議会議員柴立鉄彦を囲む会(竹之下伸一後援会連合会会長)
語る会と重なった為、鹿児島県議会議員柴立鉄彦を囲む会に遅れて保岡代議士が出席しました。柴立鉄彦県議を支える沢山の方々が参加しとても盛大な会でした。
IMG_1096.jpg
【事務所スタッフ】

ブログ

前のページへ»

▲このページのトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。