スポンサーサイト (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ

1月31日の鹿児島での活動報告 (2015/01/31)

藤崎剛県議の事務所開き(田原一雄後援会会長)が西伊敷と下伊敷の2ヶ所で行われました。保岡代議士も挨拶の中で昨年の選挙のお礼と4月の藤崎県議の必勝を誓いました。
IMG_0344.jpg    IMG_0348.jpg

古江尚子市議後援会・桑鶴勉県議上町後援会合同新年会に出席しました。皆様と懇談しとても有意義な時間でした。桑鶴県議の必勝の為に一緒に頑張ることを誓いました。
IMG_0371.jpg

その後、木材港小型船舶総会(藤山一行会長)・新年会に出席しました。今後とも国(保岡代議士)・県(柴立鉄彦県議)・市(中島蔵人市議)で連携をとって頑張ると挨拶の中で話しました。
IMG_0380.jpg

【事務所スタッフ】

スポンサーサイト

ブログ

平成26年度補正予算採決・農協改革等法案検討PT (2015/01/30)

農協改革等法案検討PT8

景気回復と財政健全化を主眼においた平成26年度補正予算が予算委員会で採決、その後、緊急上程され、衆議院の本会議で可決されました。来週から参議院で審議されます。

また、1月20日より連日開催されている農協改革等法案検討PTの第八回が行われ、平成26年6月に与党により取りまとめられた「農協・農業委員会等に関する改革の推進について」を踏まえて、農林水産省から法制度等の検討状況について説明がありました。

保岡代議士の発言要旨は次のとおりです。
「地方創生を考えた時に農業・観光は大きな柱であり、農業の発展も真剣に考えなければならない。農協改革について監査や准組合員が論点となり、侃侃諤々の議論を行っているが、政府はどこをどう認識しているのか、我々の認識との相違点等をいったん整理したうえで議論をしないと深まらないし、答えも導けない。この改革が農業者の所得向上・農村社会への適切なサービス提供を目的としていることは皆同じであるのだから、きちんと整理した上で議論を深めていくべきである。」

【事務所スタッフ】

ブログ

衆議院予算委員会(予算委員長 大島理森) (2015/01/29)

IMG_7761.jpg

保岡代議士は、国の基本政策全般の質疑がおこなれる予算委員会のメンバーです。
本日より、平成26年度補正予算について審議が始まりましたが、今日の質疑では今問題となっているISIL(イスラム国)の人質問題についての質問が集中しました。
本日は、朝9時から12時まで、午後は1時~5時まで7時間の委員会審議でした。
【事務所スタッフ】

ブログ

朝山毅奄美市長、金子万寿夫代議士との会食 (2015/01/28)


今週から通常国会が始まり、自民党政務調査会の各会合も本格的に始動しました。本日は、保岡代議士がメンバーである予算委員会もスタートし、平成26年度補正予算と平成27年度当初予算についての審議が進められていきます。
そのような中、朝山毅奄美群島広域事務組合管理者(奄美市長)が上京し、その機会に、金子万寿夫代議士と保岡代議士で夕食を一緒にしました。
3人でゆっくりとコミュニケーションを深めつつ、これからの奄美について語り合っていました。
【事務所スタッフ】

ブログ

農協改革等法案検討PT (2015/01/27)

農協改革等法案検討PT1

今月20日から連日開催されている農協改革等法案検討PTが行われ、農業者から現場の実情・課題等の説明を受けました。

本日、御説明頂いた方々は、地域・作目・規模も様々であり、色々な視点からの説明を受け、抱えている課題が浮き彫りになったと思います。
中山間地・平野での農協のあり方・求められる役割、また、都市部と地方での農協のあり方・求められる役割は違っており、一括りで「農協はこうあるべき」というのは非常に難しいと感じました。

保岡代議士は、このPTに一回も欠かすことなく出席しております。現場の声をしっかりと受け止め、問題の本質を見極め、農業者の所得向上・農村社会への適切なサービス提供が図れるよう取り組んでまいります。

【事務所スタッフ】

ブログ

通常国会開会 (2015/01/26)

通常国会開会

本日、天皇陛下ご臨席のもと、第189通常国会がはじまりました。
保岡興治代議士は、憲法審査会会長として天皇陛下をお迎えし、参議院本会議の開会式に臨み、その後、国会議事堂中央棟の前にて、金子万寿夫代議士とともに地場産業である大島紬を着用し、写真撮影を行いました。

今国会は難問が山積していますので、一つずつ丁寧に取り組んで参ります。

【事務所スタッフ】

ブログ

1月25日の鹿児島での活動 (2015/01/25)

茶道裏千家淡交会鹿児島支部平成27年度役員会(島津修久名誉支部長)に出席し、保岡代議士は再任され副支部長の委嘱状を頂きました。挨拶で昨年の選挙のお礼と皆様方と一緒に伝統を守っていくことを誓いました。
IMG_0326.jpg

鹿児島奄美会新年会(池山泰正会長)に出席しました。選挙のお礼と久しく皆様とお会いできて短い時間でしたが有意義な時間でした。
IMG_0340.jpg
【事務所スタッフ】

ブログ

やねだん視察(石波茂国務大臣、森山ひろし衆議院議員) (2015/01/25)

昨日夜から今日の朝まで、石破地方創生担当大臣が鹿児島の「やねだん」集落の視察に来られました。
その名を全国に轟かせる「やねだん」には、保岡代議士も前々から興味があったこともあり、大臣の今回初めての視察に同行いたしました。
IMG_0220.jpg

「やねだん」は鹿屋市串良にある柳谷集落の通称で、人口300人程度の小さな集落です。
その小さな集落が全国、遠くは東南アジアからも今注目をされています。
視察には地元の森山先生も同行されました。
IMG_0215.jpg

視察は土着菌(主に酵母)の生成所や芸術家の創作所等、集落の見学と、二度の役員との意見交換からなり、大変有意義なものでした。
「行政に頼らず、ここまで集落を盛り上げてきた、やねだんの皆様から率直な地方創生、地域再生に対するご意見を伺いたい」と冒頭挨拶をされる石破大臣。
IMG_0257.jpg

柳谷集落公民館長の豊重哲郎さんはじめとする役員の皆様のお話は、それぞれの実体験からくるものばかりで、とても興味深く、真剣な中にも笑顔がこぼれるものばかりでした。
IMG_0189.jpg

集落の子供たちもダンスや空手の演武等で、歓迎してくれました。
写真はやねだんオリジナルの歌とダンスを披露してくれた時のもの。
IMG_0102.jpg

歓迎会の後は石破大臣と子供たちとの意見交換会。
ここの子供たちは躊躇することなく、自分の話を小学生から高校生まで、堂々とします。
集落のアットホームな環境と、親がそういう機会が多いので、しっかりと親たちの背中を見て育っているからだと、青少年育成部長がおっしゃっていました。
IMG_0137.jpg

保岡代議士も石破大臣と色々なお話をされているようでした。
「3,40年前の日本には今のやねだんのように、お年寄りに笑顔が溢れて、子ども達が元気に走り回って、集落みんなで協力しあうこんな光景がたくさん見られたように思いますね」と石破大臣。
IMG_0195.jpg

視察の最後は石破大臣への万歳三唱と石破大臣から「やねだん」の皆様へのお返しの万歳三唱でした。
IMG_0289.jpg

挨拶と笑顔溢れる、やねだん集落。
大臣も保岡代議士も自然と笑顔が多い視察になったようです。
IMG_0253.jpg

ブログ

中村なおこ候補事務所開き (2015/01/24)

中村なおこ候補の事務所開き式に、保岡代議士は東京から駆けつけました。
真っ青な青空、お天気にも恵まれて、集まった支持者も事務所から溢れるばかりの大盛況でした。

IMG_0042.jpg

保岡代議士は、「中村さんは0からのスタート、必死で頑張って下さい」と激励しました。

中村さんは幾村清徳市議のご長女で、10年間小池百合子代議士の公設第一秘書を務めた優秀な女性です。
中村候補もご挨拶の中で、「鹿児島市の自民党女性県議の流れを止めないよう、保岡先生からの励ましの言葉を胸に頑張りますので、皆様のお力添えをお願いします」と、支持者に訴えておられました。

ブログ

鹿児島の夕べ(鹿児島県知事伊藤 祐一郎) (2015/01/23)

IMG_7728.jpg

「“昔も・今も・これからも“時代に挑戦する鹿児島~明治維新150周年に向かって~」を、メインテーマに、鹿児島の豊かな農林水産物や特産品、観光素材など、人を元気にする多彩な魅力を紹介、併せて鹿児島県内の食材をふんだんに使った鹿児島の味を鹿児島県出身者や鹿児島にゆかりのある方々と食し、親しく懇談をしました。
【事務所スタッフ】

ブログ

前のページへ»

▲このページのトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。